忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2018-06

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツには美術館が多い。
絵画や彫刻だけでなく
ガラス、陶器、フィルムなどなど、専門美術館もある。

だから、誰でもすぐ美術という名詞は覚える。
ドイツ語で芸術はkunnst(女性名詞)。
kunstにはスキル、技という意味もある。
技もアートってことかね。

で、Artという単語には違う意味がある。
英語を使うケースも多いので、
芸術という意味でもあるんだけど
基本的にはタイプ(性質、やり方)という意味。
ちなみにこれも女性名詞。



ところで、気になる美術館の入場料。
(気になるのはおいらだけか?)

意外と高い。
ヨーロッパは美術館が安いと思ってたんだけどな。
確か10年前のルーブルは500円程度だったはず。
でも今は、どこでも1000円以上する。
10ユーロ以上もざらなので
日本より高いかもしれない。

それでもラインナップはすごいし
絶対に日本には来ない名画にも出合える。
王立美術館なんて、建物自体が素晴らしいしね。

ドイツではないけど
一番感動したのは
オランダのハーグにあるマウリッスハイス美術館。

真珠の耳飾の少女(フェルメール)があることに加え
古い昔のお屋敷が美術館として使われていて
入り口こそリフォームされているものの
階段や木枠の味のある色にうっとりとした。

しかもロビーではヴァイオリンとチェロの生演奏。
ヨーロッパの美術館は
ほんと、日本人の想像をはるかに超えてる。



にほんブログ村 海外生活ブログへで、kunstは何名詞でしたでしょう? 覚えてたらクリック
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様