忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2017-12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おっかしいなあ、強化月間だったのになあ。

こんにちは! 日記は三日坊主のあいざぁです!

やっぱネタがないと書けねえな!



マンジロウがなかなか面白いことやらかしてくれないので

今日はおいらの経験したお話にしよう。



ドイツ人はやさしい。というか世話好き。

これは多分、キリスト教のせいだと思う。

善行は自分のためにする、みたいな。



おいらはゴウの幼稚園送迎を自転車でやってる。

いつもの自転車道をシャーと走ってたら、向かいから自転車が来る。

ここは双方向OKの道なので、特に問題はなくすれ違う。



チャリンと音がしたのでつい見ると

鍵が落ちてた。

音の大きさやタイミングからして、すれ違った自転車のものだと思い

おいらは大声で叫んだ。

「ちょっと! そこの! えーとなんだ? そこの人!

自転車の人! ねえ! 鍵!」

しかし彼はぐんぐん遠ざかって行く。



周囲を歩いていた人が集まってくる。

ゴウを乗せているので鍵を拾うこともできず、

叫ぶだけのおいら。

みんなが「鍵だ」「鍵だね」「誰の?」と言う。

おじさんがその鍵を拾って眺める。

「きっとガレージのだな」



おいらが「あの自転車の人の! 彼が落としたの!」

と言うと、

向かいからスピードタイプの自転車マンが颯爽とやってきて

「まかせとけ!」

と鍵を引ったくって猛スピードで走り去った。




無事届いたかは知らない。

おまけに彼のだって確証もない。ごめん。



けどまあ、こういうのって、いいよね。









にほんブログ村 海外生活ブログへ

こういうの大好き。


























PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きゃあああ
かっこいいのう!!そのかた、イケメンだった?イケメンだったとして、その彼が自転車の彼に追いつき、鍵を渡したところで、二人に恋が芽生え、、、、!これもドイツっぽいよね。??
大先輩 2014/04/30(Wed)17:22:49 編集
その発想はなかった
まさかの出逢いですね! 顔は全然おぼえてない…から絶対イケメンと思います!
【2014/05/02 06:02】
無題
いい話だなぁ~。
その状況を見てたゴウくんにきっといい影響を与えただろうな。
owl 2014/04/30(Wed)21:29:34 編集
残念ながら
実際にはかなり素早い展開だったので(おいらが叫び、おっちゃんが鍵拾い、自転車マンにバトンするで30秒くらいか)、ゴウはずっと「どうしたの?なにゆったの?」って言ってました。説明したけどよくわかんなかったみたい。
【2014/05/02 06:05】
ええ話や~
すてきですね。こういうの、ちょっと最近の日本(少なくともわたしの身近)ではない気がします。                  朝から心が温まります。 Danke! 
mahalo 2014/05/08(Thu)09:02:05 編集
おいらもほっこりした。
ドイツの人って、結構がっとつっこんだおせかい焼くんですよ。日本は距離感を大切にしますよね。おいらもドイツのこういうとこ大好きです!でも辛いかなしい事がある時は、塩塗り込む勢いで「なにがあったの、悲しいの、どれくらい悲しいの」とやってくるんで要注意です。
【2014/05/08 19:03】
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様