忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2017-12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさんこんばんは。

休日には二人分の離乳食を作るあいざぁです。

なぜ二人分かって?

それはマンジロウがゴウのを食べちゃうからだよ!

息子の離乳食を

「あれ、ゴウ、今日のは量が多いんじゃないか。

ちょっとお父さんが食べてあげよう」

と横取りする男と結婚したとは、おいらも迂闊だった。



つーかもう、離乳食でいいじゃん。

離乳食を献立にしちゃおうよ、と思ったんだけど

考えてみると、ゴウの食材は全てBIO(無農薬有機栽培)。


大人二人分作ろうと思ったら、どんだけ高い肉&野菜がいるか。

うーんコスト的にどうなのか。

それに、それだけの量を細かく切るだけでもいやだなあ。

そもそもおいらはそこまで離乳食好きじゃないからね。


正直な話、大人の食事も基本BIOなんだけど、

あまりにも高すぎる野菜はドイツ産にしてる。

肉はBIO、高すぎるので、ちょっとしか使わなかったり

安い部位を使ったり。 (豚バラ安いです)





そろそろ大人料理からのとりわけにしたいから、

なんとかうまいことしたいんだけど。

と悩みながら二人分の離乳食を作ってるわけだ。

(マンジロウ用の離乳食は、ゴウより少なめです)



しかしまあ、マンジロウの食事に対する情熱は、

ゴウにもしっかり受け継がれているようで、

マンジロウが横取りすると泣き叫び、

危機を察するとスプーンをくわえて離さなくなる始末。


どうなの、この食いしん坊の男たちは。

ゴウが中学生になったら、おいらは一体どれだけのメシを炊くのだろう。

うんざりしちゃうね、まじで。



先日、ドイツ人のママさんが、

「うちの子は瓶のベビーフードのほうが好きなの、

だから私は全て瓶にしているの」

と言い、 (ドイツのベビーフードの主流は瓶詰め)

他のママさんが

「それはもっともな話だわ」

と言っていたのだけれど、

どうもドイツ人のママさんたちは離乳食を作るのが

好きではない様子である。

離乳食作り、楽しいのになあ。



でも瓶詰めのベビーフードも、実はおいしいんだよね。

ドイツのへたなインビスで食べるくらいなら、

ベビーフードのほうを選ぶよおいらは。

にんじんだけ、かぼちゃだけ、っていうのは

なぜか変なにおいがしてダメだったけど、

肉野菜入りのリゾットとか、おいしい。


日本のベビーフード、マンジロウ父が送ってくれたんだけど

これが…

うまい、まずいの前に、少ない!

なにこれ、なんでこんな少ないの?

ゴウは250gでも足りない男なのに

日本のベビーフードじゃ何袋開けても追いつかない。

お試し用を送ってきたのか?

なんで80gとか100gとかなわけ?


味は好きみたいなんだけどね、ゴウ。



そういえば昔、ドイツ人に、

「日本人は客を食事に招いた場合、

相手がよく食べると喜ぶ。

客が若い男の子だったりすると、

もっと食べろもっと食べろと勧める」

と説明したら、めっちゃ驚かれた。


ドイツ人の感覚にそれはない、って言われたけど

本当なんだろうか。

「食事を奢るのに、たくさん食べられたら困るじゃない」

と言った彼女はドイツの典型的な考え方なのか?




やっぱり、たくさん食べてくれるとうれしいよね。

大量のメシを炊くことになれば、

うんざりしつつも、おいらはやっぱりうれしいんだろうな。


食べることは人生のごく一部でしかない、という人もいるけど

おいらにとっては、人生の基本だからね。

1日3回、毎日食べるのだから、

おいしく楽しく、がいいのだ。





にほんブログ村 海外生活ブログへ  
だけど手は抜きたい。なんかずっと台所にいるんだけど。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>「食事を奢るのに、たくさん食べられたら困るじゃない」

ヒィィィ~・・・
さすが、Geiz ist geil! と平気で言い切っちゃう国民ですな・・・。
うちはあと一ヶ月で一歳というのに、離乳食食べない食べない。一日でアイスキューブ2個分くらい(涙)だからたくさん食べる子は羨ましいかも。
Rosen-X 2010/08/29(Sun)18:26:46 編集
へえ~
離乳食たべないんだ~ きっとママのおっぱいがおいしすぎるのでしょう。
うちみたいに食べ過ぎても心配だし、食べなくても心配。ほーんと新米ママというのは大変ですな。
【2010/08/31 16:54】
無題
離乳食って食べたことないけど、おいしいんですねぇ。
姪っ子の時挑戦しとけばよかった^m^

自分が作ったご飯、たくさん食べてもらえるのってうれしいですよね(^^♪
うちの旦那もよく食べるので、作りがいあります。

うちの夫婦も「人生の基本」派ですよ(*^_^*)
ARIA URL 2010/08/30(Mon)00:03:54 編集
うむうむ
そうなの。調味料入れない野菜だけ、なんて、自分では作らないからね。
日本の市販ベビーフードはいろいろ入ってて、(ビタミンCだとか、なんとか酸だとか…あれ、ベビーに大丈夫なんだろうか)なのでやはり試すなら自分で作ったやつで。って、作る気にはならないよね。
【2010/08/31 16:52】
すごいなぁ
やはりドイツで1歳8ヶ月の息子を育てている者です。息子は一人遊びが長続きせずにすぐ泣き喚くので、なかなか台所で料理に専念できずにいます...台所は狭くて遊ばせるのも危険だし。で、昼は昨晩の残りばかり、夜は私か夫の片方が作り手、片方は息子の面倒と相場が決まってます。本当はもっと食事に手をかけたいのですが。
だから、ちゃんと3食一人で作ってらっしゃるあいざぁさんはすごいといつも感心してます。よくそんなの当たり前のように思われるかもしれませんが、私にはすごく難しいです。
ところで、
BIO(無農薬有機栽培)
と書かれてますけど、あれって低農薬であって無農薬ではないみたいですよ。ともあれ、何も書いてない食品よりは安全だと思うので、我が家でも妊娠して以来BIOになるべくこだわるようにしてます。
ママ一年生 2010/08/30(Mon)05:44:29 編集
すごくないよー
うちも昼はそんな感じ。休日だけですよ、ちゃんと作るのは。
ゴウは比較的一人遊びする子ですが、それでもご飯作るときはおんぶになりがち。重いから大変。パートナーが料理できるのがうらやましい!おいらも誰かが作ってくれたものを食べたいです。
当たり前なんて思わないですよ。子供の性格というか、傾向っていうか、こればっかりは運ですからね。大変だろうなって思います。うちは夜寝てくれない分、こういうとこがラクにできてるのかも。
そうそう、BIOは国によって基準が違うので、減農薬の場合があるとおいらは思ってました。ドイツは基準が厳しいから、ドイツ産は無農薬かと。スーパーなんかの、プライベートブランドBIOは減農薬かも~
【2010/08/31 16:50】
こんばんは
miklaさんのリンクから飛んできました。はじめまして。

栄養相談士のコースを受講したとき、ドイツ人(ロシア人)の先生が出張にはBIOのベビーフードを持っていくといっていました。赤ちゃん用じゃなくて自分が食べるため...確かに栄養計算されてますけどね、大人用じゃないんだけどなあ。

まあ、ベルリンじゃ、こんな人、驚くに値しないですけどね。皆変わっているから。
serenade URL 2010/08/31(Tue)08:52:06 編集
やっぱね!
どうも~はじめまして。
いやいや、いると思いましたよ。だって美味しいもん。まあ変わってるとは思いますが。瓶から食べるとあじけないですが、おさらに出すと、なかなか見た目もいけますよ。
【2010/08/31 16:27】
んま
マンジロウさんのその行動って、以前マン父様がおっしゃってた「赤ちゃん返り」も否定しきれないじゃないですか(笑)
でも、なんでしょうね。単純においしいというか息子さんと同じものが食べたいとか、そんなことなんでしょうね。
自分の夫にやられたらきっとむかつきますが、でもちょっとほほえましいお話ですね。
mayoco 2010/09/01(Wed)20:29:53 編集
ほほう
ああ、その発想はなかった。息子と同じものを食べたい。それは、そう考えるとほほえましいですね。確かに彼は子煩悩です。
【2010/09/02 04:59】
やっぱりそうですよね。
>>そろそろ大人料理からのとりわけにしたい

この発想って、どうもアメリカ人にはないみたいなんですよ。だから幼稚園とか小学生になっても、子供と大人の食事は別っていうのが多いみたいなんですよ。ま、大人もたいしたもの食べてませんけどね。(笑)
うちの旦那はカラダも細くて、食も細いので、あまり食べないんですよ。食事の準備は簡単でいいんですけど、作りがいがないんです。沢山食べてくれるって嬉しいですよね。あいざぁさん、幸せ~~
まみりん 2010/09/02(Thu)08:21:16 編集
幸せをかみしめます。
アメリカ人は数人しか友達いないので正しいかわからないけど、食に興味ない人、多くないですか?ドイツ人はね、かなりの率で食べ物に執着なし。「ちょっと歩くけどおいしいピザ屋いこうよ」って言うと「ピザなんでどこも変わらないよ、ここでいいよ」って言われちゃう。
【2010/09/02 16:05】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様