忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2017-12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

快晴が続くドイツ。もう夏。

日差しが強すぎて、目がちかちかするので

サングラスをかけている。

日本では滅多にかけなかったのだけれど、

こちらでは黒い瞳のおいらでも、きつい。

青い人たちは、そりゃあ濃いサングラスをかけるわけだ。


おいらのサングラスは、昔の男に選んでもらった。

眼鏡屋の店員と付き合ってた時期があるのだ。

おいらは安いやつでよかったのに、

彼はかなりお高いやつを

「これは似合うよ」

と、割引もしてくれず、定価で売りつけた。

(これはいいやつだから、割引できないんだよーって)



これはお高いやつだし、

めがね男子が選んだ似合うやつだし、と思って

長年使ってきたのだが、

長年といったって日本で海いった時とか数回だけども

とにかく彼と別れてからもずーっと使ってたのよね。



でも、ドイツの強い日差しの中、

ショーウインドウに反射して映るおいらの顔は


やーさん
でした。



あらまー ガラ悪いわ、このサングラス。



隣にいた友達に、

「このサングラス似合ってないね」

と確認すると

「うーん、あいざぁにはもっと似合うのがあると思うよ」

とあっさり肯定。



このサングラスは、彼との恋愛の遺物というか、

若かりし頃の恋の最後っ屁というか、

とにかくなにかしらの思い出にくるまれていて、

おいらはまったく正気の目で見られていなかったわけだ。

まさかドイツで4年たたなきゃ正気になれないほど

彼を愛していたとは思えないんだが

最終的においらは正気に戻って

ドラッグストアの安いサングラスを購入。


これが大変評判が良く、

逢う人逢う人、どこで買ったのとかステキよとか言ってくれ、

どれだけ前のサングラスがかっこ悪かったのかというのが

よくわかったわけですよ。



似合わないサングラスを捨てることができたのは

おいらの人生において幸運だと思うけど

恋が終わって風化してちりになってしまって

残るのは残像だけになった寂しさはある。



しかし、かえすがえす思うのは

そこまで好きじゃなかったんだけどなあ、っていう不思議。










にほんブログ村 海外生活ブログへ  
マンジロウからは、身に着けるものはいただかない方針でいこう。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ドイツでぴしっとちゃんとあるべき位置に座ってくれるメガネってなかなか見つからなくないですか?って意味分かってもらえるかな・・・つまり、サングラスを買おうとすると、こっちの人は鼻が眉毛と眉毛の間くらいからもういきなり高いから、メガネの真ん中がその辺に乗っかるような設計のめがねが多くて、日本人だとほっぺのあたりまでずり落ちるかんじ。鼻の両脇にぴったり乗るような透明のゾウリみたいな部分が付いてるのだと調節できるんですけど、なかなかないんですよねー(ってこれも意味分かってもらえるのか?)
良いのが見つかってよかったですね♪
Rosen-X 2011/06/10(Fri)19:37:38 編集
おお。
わかるわかる。ゾウリのやつ、ついてないのがほとんどですよね。こっちでメガネ探すと大変。今回のもほっぺに乗る感がありますが、まあまあなんとか。
【2011/06/15 07:55】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様