忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2017-10

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリスマスシーズンはすっかり終わりましたが

クリスマス関連のお話です。

季節感がない、これがあいざぁクオリティ。

このブログはタイムリーさとは無縁です。



ドイツでも冬になるとサンタさんの人形をあちこちで見るけど

日本とは



やってくる日にちが違う。



おいらは去年これを知って衝撃だったよ…

日本だと24日の夜にくるでしょ?

25日の朝、起きたら枕元にプレゼントがあるじゃない?


でもドイツでは12月6日に、やってくる。

堂々と。

しかも司祭の格好をして。



なんでなのかなあ、

飾り付けのサンタは日本のサンタと同じなのに

なぜか本人は司祭の格好。


基本的には面と向かってお菓子なんかをくれるんだけど

司祭が来れない場合は夜中に枕元に置いていってくれるみたい。

(枕元には置かない、という家庭もあったので

どこまで伝統的かはナゾ。

でもおいらの周囲には5日か6日の夜に枕元に置くという

習慣の人が何人かいました)



おもしろいよね~

日にちが違うのにも名前が違うのにも、

異文化というか、

伝達の途中でいろいろ変わったんだなあ、

世界はやっぱり広いから

伝言ゲームみたく途中で変わっちゃうんだなあ、と

しみじみ感じ入ったわけです。



おいらは日本の習慣にのっとって、

24日の夜にサンタを出現させ、

6日はただの平日として過ごしてたんだけど

買い物に寄った店に、







ニコラウスが来た!





めっちゃ豪華な司祭の服装で

馬車で乗り付けてきたのでおいらもびっくり。

ドイツ、こういうことの気合の入れ方が半端ない。




ちょうど入り口付近にいたゴウに、一番にお菓子をくれた。

Weckmannという人型のパンにレーズンや胡桃、チョコが

デコレーションされていて、おいしかった。

Weckmannはどうやらこのニコラウスの日で販売が終了する、

期間限定のパンらしい。




ニコラウスの横には、顔を真っ黒に塗った男の人がいた。

その数日後、違うイベントでまたニコラウスにお菓子をもらったが

やっぱり真っ黒の人がいた。

その人は、ぼろっちい茶色の服を着て、

頭はぼさぼさ、顔も手も真っ黒。



ゴウはニコラウスには大喜びだったが、

この黒い人にかなりびびっていた。

あとで聞いた話だと、

良い子はお菓子がもらえるけど、

悪い子はこの黒い人におしおきをされるのだそう。




動物的勘で、ゴウは「この人ヤバイ!」ってわかったのだ。




おもしろいなあ、とおいらはのんきに思っていたが

ゴウにとって、この恐怖はかなりのものだったらしい。

しかもおいらが

「夜はやく寝ないと、黒い人来るよ」

と利用したもんだから、

1月になってもまだ

「黒い人くる? 黒い人くる?」

と夜になると聞いてくる。


「くるよ~ 怖いよ~ ゴウのことつれてっちゃうよ~」

おいらも調子あわせまくってた。



鬼を怖がる子もいるし、

あまり深く考えてなかったんだけど、

ある日街中で、



黒人を見つけたゴウは震え上がった。






ドイツって、黒人が圧倒的に少ない。

アジア人より少ないと思う。

フランスに行くと黒人が多くてちょっと驚く。



滅多に遭遇しないんだけど、

だからこそ余計、ゴウは怖かったみたい。




「黒い人いるよ! いやいやいや! あっちいこう!」


と大騒ぎ。




なるほど~ 黒人は黒い人になるのか。

とおいらは納得した。



ゴウは怖いもの見たさなのか、

しょっちゅう「黒い人見せて」と言う。

カメラにうつった黒い人は、

当時はまさかそんなリクエストがくるとは思っていなかったので

すみっこで半分切れた状態。

ゴウはこれが大変不満だ。



そうか、じゃあ今度から黒い人と言われたら

黒人の写真をネットで探して見せればいいわ、

とマンジロウに話したら、

「めっちゃ人種差別発言やな」

と言われた。






そうか…

おいら、人種差別してたのか…

気づかなかった。

人種差別って、きっとこんな感じで、気づかないでやってるんだろうな。



と、ニコラウスに学んだのでした。










にほんブログ村 海外生活ブログへ  
そういや黒人にいやがらせされた経験から、黒人には身構えちゃうんだった。









PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
嫌がらせしますよね?
私も旅行でフランスに行った時に黒人に嫌がらせされたので、どこの国でも黒人男性がいると警戒するようになりました。
フランスは結構いますよね?
スーパーで買い物した時(しかも店員に)や、チケットを買うため並んでいた時などです。あの人たち自身がすごく分かりやすい人種差別をしている気がします。
でも黒人女性はそんな事なかったし、同性という事で心理的にも大丈夫なのですが‥。
skycoffee 2012/01/23(Mon)11:12:31 編集
いやはや
なんのエラーかデータが飛んで、返信遅くなってごめんなさい。
おいらは日本で何度も絡まれた経験があるんですよ。人種でくくっちゃいけないとわかりつつ、気持ちって簡単じゃないんだなあと思います。
【2012/02/03 09:18】
無題
昔、黒い人とおつきあいをしていたときのことです。
手の甲は深い茶色なのに手のひらは数段明るい色なのが不思議で何気なく口に出したら、きみだって違うだろう、とめっちゃ不機嫌になってしまったことがあります。
生まれつきの姿のことを、あれこれ言うのは良くないみたいですね(悪い意味でなくても)
しまこ 2012/02/02(Thu)10:17:04 編集
たしかに
そのとおりですね。日本にいた時より人種の違いがすごく身近で、考えさせられます。この感覚は日本にいた時とだいぶ変わったと思う。
【2012/02/03 09:16】
人種のるつぼ
って思われてるアメリカなんですけど、実は私が住んでるモンタナ州は90%近くが白人で、黒人はなんと0.4%、アジア人も0.6%しかいない、白人社会なんですよ。で、私達(アジア人&黒人)は珍しい動物状態なんですよ。もうすぐワシントンDCに引っ越すんですけど、白人は39%黒人は51%。もうカルチャーショック状態!私の知ってるモンタナはほんとのアメリカじゃなかった~!って感じです。
まみりん 2012/02/04(Sat)09:25:34 編集
へええ~
場所によって全然違うんですね。0.4%ってドイツより少ないと思う。
【2012/02/06 02:15】
無題
こんにちは
はじめてまして!
あいざぁさんの文章センスに惚れてる関西人です。

私の婚約者は黒人で、婚約者というからには親公認かと言えば、大反対。
母親なんて、彼の存在を知ってから、テレビに黒人さん出てきたら無言でチャンネルチェンジ(笑)
私は12から20歳まで留学していたのですが、両親は日本にいたのと、もともと母親は思い込みが激しいので、

黒人=ちびくろさんぼ、奴隷、差別されてる、映画で最初に死ぬ! とマイナスイメージ満載。

私たちは尼崎市武庫之荘に住んでいるのですが、南側に外国人専用住宅が出来、いろんな人種を見るようになりましたが、まだまだ彼と歩いてると幼児が、目を丸くして、『なんじゃ、あれ?ホンモノ?』とか、赤ちゃん泣いたりします(笑)

彼とは、戦争世代はもちろん、差別する人は、見慣れてないし、どう対応したらいいか知らないんだからどうこう言おうとしゃーない。
みんな考え方違うし、ご近所全世帯に好かれる必要もないけど、縁あってこの地で暮らしてるので偏見イメージを改善しようと日々大阪弁で会話中です。

えぇことも悪いことも色々言われますが、差別用語を言った後いい顔してる人にまだ会ったことありません。言霊みたいなもんで、言ったほうも気持ちよくないんだな。きっと。
そこから自分の考えを見直す人もいるかもしれませんし。


なので、差別から始まる理解があっても良いと思うのです。

長い上にまとまりなくてすいません。
尼の尚 2012/02/04(Sat)23:53:03 編集
うーむ
日本にいた時は「差別する側」でしたが、欧州にくると「差別される側」になります。ちびっこには「なにこの人」みたいにあんぐりされたりします。自分が「珍しい」と言われる側になっちゃうわけです。幸い、日本人はまだ好かれている方だと思います。まあ、日本を知らない人も多いわけですが。
差別されるというのは、とてもわかりにくくて、アジア人だから意地悪されてるのか、その人が意地悪な人なのか、不明のまま物事は進みます。最初は「差別だ」と思っていたけど、最近は「ダメな人なんだな」と思うようになりました。所詮、人は人。黒人だからって意地悪する人は、他の人にも意地悪だと思います。しかしご両親については、やっぱり娘がかわいいわけで、複雑な心境からの態度だと思うので、気長に接してあげてください。
【2012/02/07 05:07】
つり目のおばけ
黒い人をホラー映画にでてくるつり目のおばけ、黒人をアジア人(ゴウ君)におきかえて、ゴウ君のドイツ人お友達親子がこの会話をしていると想定すると、マンジロウさんの言っておられることが少し身近な形で理解できるのかなと。子供に伝えるべきことは、黒い人もつり目のおばけもフィクションであって、黒人ともアジア人とも別物であり、容姿はそれぞれ違うけど、どちらも美しいね、ということだと思います。黒=ヘイトの感情を植えつけかねない行為は、たとえ親にそのつもりがなかったとしても、とても危険なことだと思います。
アメリカ在住 2012/02/08(Wed)00:46:57 編集
調子のっちゃったな
ニコラウスの黒い人は黒人ではなくて、黒く顔を塗った白人なんです。おいらは黒人を連想しなかった。だからゴウが黒人に反応したのには驚いた。黒い人を怖がったのを利用して、早く寝るように使ったのはまずかったな~
【2012/02/08 05:52】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様