忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2019-11

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「怪談」って書いてたから、敬遠してたんだけど。
実際に見てみたら、すっごく良かった。

一応怪談なんだけど、怖くはなく(おいらはホラー苦手)
絵が震えるほど綺麗。

「千と千尋の神隠し」ばりの色彩。
壁紙や着物柄の繊細な描写。
見ていて「目が楽しんでる」感覚。

ストーリーがどうこう、というのではなく、とにかくあまりの綺麗さにうっとり。

こういうアニメ、もっとないかな。
PR
久々にアニメ一気見。
こっちで仲のいいドイツ人はアニオタで
このアニメを薦めてみたけど
ドイツ語訳が手に入らなかったのと
部活や剣道の知識がなくて難しかったみたい。

個人的には、
古きよき部活物語で大好き。
bamboo bladeなんて書くと、
どんな壮大な物語かと思うが
バンブーブレイド、竹刀っていう意味。
剣道部物語。

絵がかわいいのとテンポがいいので
気軽に見れる。
キャラはみんないい子で、安心してられる。
やっぱこう、平穏無事で面白いのがいいよね。

おすすめアニメ。



にほんブログ村 海外生活ブログへ 部活に郷愁を感じたらクリック
最近、時間が余ったらアニメを観てしまう。
やめときゃいいのに、延々8時間とか見つづける。
我ながらニートだ。

元々、アニメの知識なんてないからさ。
ロボットとか戦闘とかには興味がない。
「のんびりゆっくり」アニメというのも、意外とあるけど、
ただのんびりされても面白くない。

久々に面白かったアニメがこれ、
かみちゅ!

ウィキの説明に「ある日神様になった女子中学生が~」
とあって、こりゃかなり痛いかな、と
警戒しながら見てみた。

再生が始まってすぐ、
「おお。これが萌えか」

とにかく登場人物がかわいい。
かといって、変にかわいすぎない。
イラッとくるかわいらしさではなく、
自然に、小さな子供に対する感情みたいなものが
湧き出てくるから不思議だ。

ヤオロズの神たちのキャラもいい。
ストーリーも、主人公の淡い恋を軸に
のんびりながら、山場もあって、
とても面白い。

Veohに落ちてるけど
英語の吹き替え版もあって
ヒアリングの練習にちょうどいい。
日本語版とはかなりニュアンスが変わってるけど
英語の勉強に良い教材になると思う。
結構聞き取りやすい英語を話してる。

涼宮ハルヒの憂鬱系列なんではないかな。
かなりお気に入りのアニメ。

おもしろいわ。
あ、小説じゃなくてアニメね。
小説も面白いんだろうね。
よく出来てると思いマス。


でもさ。
これってマニアックすぎる。
日本とあるポイントで繋がってる異世界のお話。
歴史ファンタジーとかっていうのかね。

小説はもっと多様な視点で書かれてるらしいけど
アニメにはヒロインがいて
彼女を中心に話が巡ってるわけ。

この12カ国が覚えられん。
それぞれの国と国主の名前。
あと大臣の役職名。

こういうの、覚えるの好きな人いるよね。
私はだめだなあ。

ヒロインが国主になるまでは、混乱しなかった。
出てくる国は3つくらいだったから。
もう12カ国までになっちゃうと、だめだぁ。

特殊な言葉が多くて、
アニメだと音から漢字が連想できなくて、余計ムリ。
でもストーリーは面白い。

なんでかね、選民願望っていうのかな、これ。
「ごく普通の女子高生が、国主となる運命だった」みたいなのに
憧れてるのかな。
自分を分析するとへこむよね。

三国志が好きな人は、好きなんじゃないっすかね。
私は登場人物、結局最後まで混乱してたなあ。
向いてないってことっすね。

ドイツでも日本の書籍は手に入る。
ただし、およそ三倍の価格がついている。
「自分へのごほうび」でも、手が出ない。
一巻だけじゃ済まないからね。

ドイツ語の漫画(日本のマンガをドイツ語に翻訳している)も売ってる。
これも高い。
ちくしょう。

日本の映像発信サイトに月額払って動画を観ようにも、
国外からは視聴できないというエラーが出る。
こんちくしょう。


というわけで、お世話になってます、YouTube様。
アンドその他動画サイト様。


一番充実してるコンテンツは、やっぱ日本が世界に誇るアニメ。
元々、日本にいた時からテレビはあまり見てないし、
アニメなんて更に見てないし、
どうかな~と思っていたけども。


めっちゃおもろいやん!


つーか号泣。


はちみつとクローバー、たしか車内吊りの広告をみたことがあるなあ、昔日本で。
少女マンガだと思ってスルーしてた。
確かに内容は、少女マンガっぽい「在り得ないヒーロー」(アカデミー賞のもじり賞を受賞しちゃう大学生)
も出てくるし、
「自分探し」「青春」なんて言葉がちりばめられてるし
きれいな恋愛、切ない恋愛にスポットが当たってて、
「私、ずるい…」って泣かれても
「いやー、それでずるいとか言われたら、ガンガン不倫してる人は生きてられへんで」
って辟易しちゃうけども。

でも泣いた。
なんでだろう。
それも一回や二回じゃ済まない。
パソコンを睨みながら泣き続けた。


それはやっぱり、キャラクターへの感情移入があってこそだ。
日本語だっていうだけで、私もかなりオープンマインドだったろうけど、
それでも魅力的だから気持ちを沿わせられるわけで。

アニメを知らない私が言うのもなんだが、
良いアニメだと思う。
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様