忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2017-10

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あたたかくなったかと思うと
急に冬に戻ったりして
まんまと風邪をひいた。

寝てりゃいいやと思ったけど
喉が腫れて吐気もひどい。
仕方ない、医者にいこう。

日本人の医師は車で一時間のところ。
仕方ないのでドイツ人の医者に行く。

ドイツは医者のレベルが高いらしいが
おいら、ドイツ語は日常会話レベル。
医療用語はわかんないから
辞書を片手に行くことにする。


マンジロウは駐在員というご身分なので
女房のおいらもプライベート保険という
最高の保険に入ってる。

会社が保険料を払ってくれてて
しかも受診料はただ!

ただ!

ステキな響きだな。


ドイツ生活4ヶ月。
初めて医者にいったんだけどさ。
やっぱ、こういう保険はだめだね。
検査ばっか。

風邪だっつってんのに聴力検査をやられた。
いらねえって言ってんのに、
「耳への影響を調べる」とかっつって。

ドイツ人、検査好きだなあ。
プライベート保険だと、患者が医療費を請求されないから
されるがままなんだろうな。
それを医者も分かってるんだね。
むかつく。

基本的な医療器具は日本と同じだったけど
見たこともない検査機器があったなあ。
声帯の振動を調べる機械や
患部を温める機械や
鼻腔のエコー検査機。

うん、やっぱりドイツ人は検査好きだ。


出た薬は、ホメオパシー。
まじかっ。
初めてみたっ。

ホメオパシーって民間治療法じゃねえの?
ドイツじゃ保険対象かあ。すげえ。
(わかんない人はググッてください。
 複雑で説明できまへん)

文化って医療にまで及ぶんだなあ。と
カルチャーショックの一日でした。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
へぇー-----!!!
すごいというか、医療の進歩レベルが進んでいて違うんですね~(激驚)
健全な感じが私にはするのですが、ドイツの政治(政治家?)とかってどうなっているのだろうとさえ考えてしまいました。
日本はアメリカで使わなくなったとか破綻しちゃったような会社の健康器具やサプリメントとか大量に出回ってて、だから何と言いますか・・・日本人大丈夫?!というような、、、意味のないものを知識が浅い者へ確信犯的にお金のために売って儲ける図式が日本にも多く存在していると未だに言われていますがドイツではそういった国策のような規模の悪い支配とか入り込めないような頭のよい国民なのかしら など考えてしまいました。きっと医療に限って先進とおっしゃりたいとは思いますが、日本の国民とはなにか違う意思の働きがドイツ国民にはあるような、気を感じました 



お邪魔してます 2008/09/22(Mon)02:24:17 編集
こんな過去記事まで!
びっくりしましたよ。まさかここにコメントとは。
ところでドイツの医療については、うーん、かなり問題がありそうな気がします。おいらも詳しくはないんだけど、公的保険の人は後回しにされ、予約が何ヶ月も取れないとか、医者の点数の上限が決まってるので、上限に達した医院はいきなり数週間休暇に出ちゃうとか聞きます。子供の医療費は無料らしいです。12歳までだったかな、なんかそれくらい。昔は国民全員ただだったみたい。今医療制度が試行錯誤で変わりまくってるらしいんだけど、それでも日本の政治家よりは、ちゃんとしてる気がするな…。
【2008/09/22 05:29】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様