忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2019-08

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

弟が結婚することになった。




おいらの弟は、よくできた子で

京大院卒後、大手シンクタンクに入社、

自らの被災経験から、都市計画に関わり

行政と共にプロジェクトを進め

災害が起こるたびに、必要なシステムを構築している。

例えば義援金の配布構造であったり

必要なところにボランティアを派遣するシステムだったり。


震災関係だけでなく、

国家行政に関わるようなプロジェクトを抱え

日本中を飛び回り、

睡眠時間の確保さえ難しい状況で

癌を患う祖母に最低でも2ヶ月に一度は顔を見せにくるという

おいらが言うのもなんだが

本当によくできた子なのだ。

もちろん高給取りで、

ゴウにも高いおもちゃを買ってくれる。


背も高く、顔も良く、派手な性格でもない。

こんな男を射止めるのは、どんな女性だろうかと

思っていたら。

いやまあびっくり、

芦屋の医者家系の超お嬢様だった。




えええ? そこ?

っておいら思っちゃった。

だって、そこは行かなくて良くない?

そこは家柄もよく、あんまし働かなくてもいいおぼっちゃまとか

医者男子とかに任せておくべきじゃない?

あんたは、同じくばりばり仕事して

一緒に志高く生きていく女性がいいんじゃないの?

と、姉なんかは夢想しておりましたが。

お嬢様なんだよねえ、選んだのは。




実はもう2-3年付き合ってて

おいらも帰国する度に逢わされていたので

結婚するのかなあとは思ってたんだけども。



しかも出会いは、弟が学生時代バイトしてた、

予備校の現役生コースの女の子。



彼女が弟に恋したらしいのだが

その時は弟に恋人がいて、

なんだかんだで、就職後に再会して

お付き合いすることになったらしい。

合コンとかじゃないんだね、さすがお嬢様。




このお嬢様、家庭環境が少々複雑で

お母様が一切炊事をなさらない。

ご飯は外食かお惣菜なんだそうだ。


弟から初めて聞いた彼女の話は

「新しい彼女に初めてごはんを作ってもらったら

ケチャップをお湯にとかして

はい、トマトスープって言われたんだ。

ギャグかと思ったら、

彼女はそれを飲んで

おいしい、ってにっこり笑ったから

ああ、これは…と思ってさー」

というものだった。



弟は自分で料理をする。

手作りの料理、というものを非常に重視してる。

だから、この彼女とは長続きしないだろうな、と

思っていたのだ。

弟は料理が好きで堪らないというわけではないので

家事の分担として料理をすることはできても

全て担うことは難しいだろう(勤務時間からも)。

結婚相手は、

ある程度、炊事を含む家事ができないと、難しい。




そもそも手料理を食べたことがない上に

味覚音痴の女の子って

お嬢様と呼べるのかしら。

お嬢様という人種に含まれるべき

大切な要素が抜け落ちてないか?


と、おいらは思っていたのだが

やはりお嬢様というのはすごい。

本当にすごい。



弟に「それは料理ではない」と指摘され、

すぐさま料理教室に通い、

どんどん上達していった。


弟を追って、大学卒業後は東京に就職。

そのタイミングで親に紹介。

けれど同棲はせず、

近所恋愛をしながら、

弟に頻繁にお弁当を作り続けた。



忙しくてなかなかゆっくり会えないが、

弟は、お弁当を食べるたび、

彼女の料理の上達と自分への愛情を噛み締め

今回の結婚に至ったわけである。




ポイントはここだ。

料理ができなかった子が

自分のために、料理ができるようになった。

指摘されて腐ることもなく

地道に努力を続けてくれた。

しかも献身的に。

ここにお嬢様っぽい素直さを見るのは

おいらだけだろうか?







そっかー、こういうのが男を射止めるんだ。

おいら、間違えてた。

おいしいご飯作ってりゃいいと思ってた。

その上がいるんだね、

最初は下手でも、自分のために努力した結果のご飯には

かなわないんだ。

そっかーだからおいら、たいした男を捕まえられなかったんだ。


あー残念。

それがわかってりゃ、もっと違った人生だったかも。




あ、ちなみに

ケチャップスープは彼女が22歳の時だそうです。

30歳後半じゃあ、もうおいら使えない技だわ。



あと、お嬢様はスカートしかお履きになりませんことよ。

いつ逢っても膝丈スカート。

ズボンは滅多にお召にならないとか。

和泉元彌氏のお母様もおっしゃってました、

女はズボンを履いたら終わりだと。

体の捌き方に品がなくなるんですって。

年に1回くらいしかスカート履かないおいらには

関係ない世界ですなあ。




にほんブログ村 海外生活ブログへ  
お嬢様と呼ばれる家庭に憧れてたが、それはそれで大変みたい。










PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとうございます
 弟さん、彼女の健気な努力に気付く素敵な方ですね。そして、あいざぁさんも。
 マンジロウさんにとって、あいざぁさんは、女神のような存在だと思います。そこにいてくれるだけで安心できる女性もなかなかいないと思います。
アメフリガエル 2012/10/29(Mon)08:44:43 編集
ありがとうございます
いやっ…守銭奴だと思ってるはずですよ。ええ。
スーパー行くのにポイントカード持たせるのがどんなに大変だったか。金額さえどうでもいい男が、ポイントを理解できるはずもなく、いちいち出すのが面倒くさいとか、もうねえー。
【2012/10/30 05:26】
へぇ・・
まずは、弟さんのご婚約おめでとうございます!
私もあいざぁさんと同じように思っていた一人です。最初から料理上手じゃなくて、段々進化するってのが、大事なんですねー。いやぁ、あと20年若かったら、弟さんを狙ったのにぃ・・・嘘です。絶対あいざぁさんの弟さんが嫌がるわね。
学歴云々ではなくて、色々な意味での「頭の良い人」って憧れます。
よい URL 2012/10/29(Mon)08:54:14 編集
ありがとうございます
うちの弟は強い姉たちに押さえ付けられて生きてきたので、押しに弱いです。押せばいけるかもよ、よいさん♪もちろん20年?前、ですが。姉たちが揃って好みの男に育てたので(女の子の荷物を持て、でもカバンは持つな。車道側に立て。などなど)腰の低い男に仕上がっています。
【2012/10/30 05:23】
おめでとうございます!
お嬢様、やっぱり違いますねー!
純!
ナイスカップルー!
けい 2012/10/30(Tue)06:40:04 編集
ありがとうございます
ほーんと、ケチのつけようがありません。幸せそうでなにより。いびったら全面おいらが悪いので、つまんないです。
【2012/10/31 04:59】
お姉さま方の薫陶
弟さんのご婚約おめでとうございます。
お姉さま方の薫陶を受けて、立派な弟さんなのですね。相手の人も、本当に弟さんが好きなのですね。
佐藤愛子のエッセイに「上に姉のいる弟は値打ちがある」と書かれていました。小さい頃から姉達に鍛えられているからだそうです。うちの弟もあいざぁさんの所ほどではないですが、兄弟(姉二人と弟)の中では一番性格が良いです。
MAYU 2012/10/31(Wed)00:09:35 編集
母は「私は育ててなかった。あんたらが育てた」と。
薫陶なんて大正の香りがするすてきなお言葉をいただきましたが、あんましおいらは役に立ってないっつーか、彼は最初からとても良い子でした。今は結構テングになってて、結婚で落ち着いたらいいなあとは思います。でも姉のいる男の子は本当に価値があると思いますよ。おいらたち、スパゲッティの食べ方まで指導しましたから。おばちゃんが「かわいそう」っていうくらい、見張られた生活してたなあ。そのおかげで忍耐強いと思います。
【2012/10/31 05:03】
おめでとうございます
弟さんのご結婚が決まり、おめでとうございます!!

私も少し歳の離れた弟(独身)がおり、私好みに仕上げました(^^)

その弟が結婚相手を連れてきたら、ショックを受けそうな気がします、良い子だと余計に面白くないかも…根性の悪い姉ですね、昔から自覚しております

あいざぁさんみたいに弟の結婚を喜べるようになれるかしら…

ちなみに私の結婚が決まった時に、弟は素直に喜んでくれました

私はこのまま逃げられなければ、一人っ子と結婚することになるのですが、
"上に姉がいる弟は値打ちがある"というコメントを見て、"うわっ、失敗した!"と思ってしまった私…(^^;
i 2012/10/31(Wed)20:55:05 編集
めでたいめでたい
あーそれはもう、いろいろ覚悟したほうがいいですよ。マンジロウはひとりっこですからね。ひとりっこの恐ろしさといったら…
いやそれより、結婚されるんですね、おめでとうございます。姉のいる男は本当に価値がありますが、相手側はあまり「姉」ポジションの女性が好きじゃないみたいな気がします。昔付き合ったことありますが、2年付き合ったわりにあっさり別れました。おいらに問題があったような気もするけど。
【2012/11/01 05:53】
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様