忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2019-05

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

確か中学二年生だったか、
学校でペンパル協会を仲介してて、
年会費1000円くらいを払うと、アメリカ(正確には英語圏)に住む
同学年の相手を紹介してもらえた。

当時おいらはアメリカに絶大な憧れを抱いていたので
おこづかいをためて、ペンパルを申し込んだ。


同い年の金髪碧眼の女の子は、
いまいち美人ではなかったが、
それでもアメリカ人で、やっぱり憧れた。

きっと彼女は大きな白い家に住み、
両親に愛され、たまにはグランドピアノを弾いたりするのだ。


一緒に始めた友達は、文通を一年もたせられなかったが
おいらと彼女は高校に入っても続いた。


当然、おいらは英語がおぼつかず、
彼女に手紙を書くために必死で勉強したし、
彼女の書く文章は暗記するほど読んだ。


手紙に書くのは、好きな男の子のこと。
最近見た映画。
イベントがあるときは、お互いの文化を少し紹介したりして。
本当にかわいらしい文通だった。


アメリカでは、スタジオで写真を撮る文化があるのか
彼女はよく凝った背景の写真を送ってくれた。
スタジオで写真なんて、七五三しか経験のないおいらは
そんなことで猛烈に憧れを感じたもんだ。


お互い高校生になり、確か16歳を越えた頃だったか、
彼女から手紙が届いた。


「子供ができた」





Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!




そして数ヵ月後、彼女は玉のような男の子を産んだ。
青い目の、そりゃあかわいい赤ちゃんだった。



しかし彼女が子供を産んだことで、
おいらの中のアメリカへの憧れが急激に消えていった。


自分が16で子供を産む、というのが
あまりにも想像できない事態だったからだ。
むしろしたくないことだったからだ。


きっと宗教上の理由で堕胎できなかったのだろう。
もしかしたら、彼女が産むことを望んだのかもしれない。
いずれにせよ、おいらにとって、
当時子供を持つというのはおそろしい恐怖だった。

大学にも行きたいし、恋だって沢山したい。
もし16で子供を産んだら、学校中で話題になって
高校だって辞めなくちゃいけない。
そんなの、考えたくもない状況だ。


なんか、アメリカって怖い。
おいらと同じく、普通に恋をして、映画を観て、笑ってた女の子が
こんなことになってる。
それはなんだか、アメリカという国のせいのような気がした。



彼女は結婚はせず、
子供は実家で育てた。

結局、文通はその後一年ほどで途絶えた。
彼女は子育てで忙しかったのだろうし
おいらは以前ほど文通に燃えることができなかった。



おいらが彼女やアメリカという国に興味を失ったのは
思春期の潔癖症だったんだろう。
だって今なら、むしろ友達になりたいもんね。

あの男の子は、もう高校生だ。
でも彼女は、まだまだ恋愛現役年齢。
ああ、羨ましい。




にほんブログ村 海外生活ブログへ  
最近、昔のことを唐突に思い出す。なんでだろ。暇なのか?
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
 私が中学の時も学校にペンパルクラブなるものがあって、やってる友達も多かったです。やっぱり送られてくる写真は、全員がスタジオ写真でしたね。アメリカって今もそうなのかな〜?
 それにしてもさすがあいざぁさん、ペンパルも並の相手では無いですね。私も、そんな年頃に子供が出来たなんて聞いたらドン引きです。…おっと、あいざぁさんの年齢が大体分かりましたよ!!
calisson URL 2008/11/11(Tue)19:56:44 編集
さすがスルドイ
あ、ほんとだ。バレバレな書きっぷりですね、おいら。
それにしても「スタジオ写真」で通じるかな?と思ってたので、わかってもらえて嬉しいです。あれはなんだか、変なものでしたよね。服装は結構普通なのに、バックは宇宙とか。日本でもちびっこはスタジオ撮影が人気らしいですが、服装も凝ってるそうですね。時代を感じます。
【2008/11/12 19:49】
無題
ペンパル流行ってましたねー。私はアフリカの老人を希望したのだけれど、該当者無しと返事が来ました。アフリカで動物と暮らすのが夢だったの(笑)

ネットなんて無い時代でしたね・・・

切手を集めるのも流行っていたんですが、ご存知でしょうか?
フジヤ URL 2008/11/13(Thu)04:37:17 編集
流行ってましたかっ
やっぱりそういう時代だったんですね。今ならネットで見つけるのかな?でもメールって一過性と言うか、手紙にはかなわないものがありません?
しかしアフリカの老人て。いませんよ、そんなリクエストする人。フジヤさんてばかっこよすぎます。その場合何語で文通するんだろう?フジヤさん、動物好きなんですね。おいらアフリカはちょっと…。だってライオン見たら死んじゃうんですよ。
【2008/11/13 15:41】
はじめまして
こんにちは!ペンパルは私もやっていました!あまり続かずも、懲りずに相手を変えてはずっとやっていました。私は映画が好きでしたので、ペンパルを通り越し、アメリカの俳優にファンレターを書いては、サインをもらう、ということばっかやってた気がします。あの情熱は一体どこへ…
まる URL 2008/11/13(Thu)05:24:01 編集
これはこれは、はじめまして。
こんにちは、まるさん。おいらは映画スターにファンレター出したことないです。その勇気、すごい。返事ってこないんですかね。海外からのファン、大切にしてもらいたいなあ。
【2008/11/13 15:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様