忍者ブログ
お育ちのいい夫にてこずる妻日記。エコだったり毒舌だったり。

2017-12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツ人は働かない。
前にも書いたけど
ホントに全然働かない。

だいたい、日本で言う「だめバイト」レベルが普通くらい。

まんじろうも、ドイツ人の部下に胃痛を起こす日々。

どんなに酷いかは、またの機会にするとして。
今日はドイツで働く日本人に切れた。

日系企業で働く日本人のくせに
なんであんなにドイツ的なんだ?
日本人じゃねえのか?
日本語を巧みに操るヨーロッパ人なのか?

駐在員は会社が健康保険を払ってくれる。
ドイツの保険にも入ってるけど、海外旅行保険にも入れる。
海外旅行する時にはいるやつ。
(駐在員とかいう身分の厚遇ぶりにも腹が立つ)

で、今回、海外旅行保険で医療費を清算しようとした。
フランクフルトのドイツ本社に書類を送ると
あて先不明で戻ってきた。

本社に電話した。
「あ、住所、去年の春に変わりまして」


はあ?
一年前ですか?
この前貰った冊子の住所、なんで変わってないんですか?

「新しい住所に送ってください」

とイケシャアシャアとぬかしやがる。

それでも金がほしいから、黙って送りなおす。
ちなみに郵便料金は90セント。
150円×2。

そしたらまた返ってきた。

「あ、うちの事務所、入り組んでまして
時々郵便配達人が見つけられなくて
返送されてしまうんです」


はあ?
そんなもん、おいらにゃどうしようもないですが?

「よくあることなんで、もう一度送ってください」


はあ?
それ、届く保障あるんでっか?


しかもその間、謝罪なし。
すっごい居丈高。

電話を叩き切り、東京本社へ電話。
夜間担当のバイト君を怒鳴りつける。

なんで一年前の住所を載せとんのじゃっ
そっちの落ち度で、なんでこっちが何度も郵送せな
あかんのじゃっ
そんでもって、なんで郵便が届かん事務所なんじゃっ


ごめんよ、バイト君。
おいらが悪かった。
だって君は、夜中に働く勤労少年。
国際電話で切れたおいらは大人気なかった。


「いかがいたしましょう」

とバイト君が言ったので

「電話代と切手代を上乗せして支払いやがれ」

と電話を切った。

でもそれって、500円程度のことなんだよな。
このイライラはそんな金額のことじゃないのが悔しい。






ブログランキング
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
あいざぁ
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ在住、細々とライター業。
海外転勤につられて、まんまと策略婚。
夫との育ちのギャップに窒息寸前。


夫:マンジロウ。日本人だがアメリカ人的思考。
息子:ゴウ。幼児。

☆☆★★☆☆☆☆☆☆

このブログはリンクフリーです。
気になる記事など自由にリンクしてください。
ご報告いただかなくても大丈夫ですが「貼りました」と連絡もらえれば、遊びに行かせてもらいます。

著作権はあいざぁにありますので、勝手な引用は禁止です。勝手なリライトはおいら泣いちゃうのでやめてください。書き直して酷い文にされることほどツライことはないです。


★★☆☆☆☆☆★★

コメントは大歓迎です。このブログでは承認制を取っています。
広告コメントはあいざぁの自分勝手な判断で削除しています。ごめんね。
ad
おこづかいモニター
ここから登録するとボーナスポイントもらえるよ
マクロミルへ登録
換金手数料がかからないから効率よく換金できるよ
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様